新年の朝を迎えると、食卓には豪華でおいしいおせち料理が並んでいるというのが、当たり前になっています。
おせちには、新しい年を健康で無事に迎える事ができたという感謝とお祝いの気持ちがこもっています。

 

そのため、おせち料理には一つ一つ意味があります。
例えば、黒豆には今年1年、まめまめしく元気で働けるようにという願いが込められています。

 

小さな卵が集まった数の子には子孫繁栄の意味があり、子供がたくさんできるようにという願いが込められています。

 

いりこを甘辛く煮た田作りには豊作祈願の意味があり、今年もたくさんお米などが取れますようにという願いが込められています。

 

そして、これらの料理が重箱に詰められているのにも、意味があります。
幸せやめでたさが重なるようにという願いが込められています。

 

一の重には祝い肴、ニの重には口取りや酢の物、三の重には海の幸や焼き物、与の重には山の幸の煮物が詰められます。
四は不吉な数字なので、与の重と表現されます。

 

 

おせち料理の歴史とは。

 

 

日本でお正月に食べるのが一般的なお祝い料理のおせち料理ですが、「おせち」とは暦上の節句のことをいいます。

 

おせちは「御節供(おせちく)」の略で、本来は中国から伝来した五節供の行事に由来し、平安時代の日本では宮中行事として始まりました。「御節供」とは、節日に神様にお供え物をそなえ宴を開く行事で、庶民が生活にとりいれたことで日本中に広がりました。

 

これがやがて一年で一番に食べられる大切な正月料理を「おせち料理」と呼ぶようになったのです。江戸時代には、床の間に飾り、歳神様に供えたり、年始の訪問客に振舞ったりされていました。

 

江戸では「食積み(くいつみ)」、関西では「蓬莱飾り」、長崎県・佐賀県では「蓬莱台」などと呼ばれていたようです。

 

それが時代と供に飾るだけの料理である時代などを経て、現在の重箱などに詰められる「おせち料理」の形が出来上がったと言われています。近年ではデパートやスーパーなどだけではなくインターネットなどでの購入も可能となっています。

 

 

おせち料理のミニ知識記事一覧

日本の食文化を語る上で

和食の人気が高まりを見せています。おせち料理は、日本を語る上では、なくてはならないものとされています。元旦における日本の食卓には必要不可欠な存在であるといっても過言ではありません。このおせちの人気を、取り込もうとする企業の動きも注目を集めています。おせち料理の製造・販売を手掛ける企業の数は多いといわ...

≫続きを読む