おせちとは節句のことを言い、その年の一番最初の節句であるお正月におせち料理を食べる風習が現在でも受け継がれています。

 

おせち料理は本来は重箱に入れられ、保存が効く食べ物を中心に詰められています。

 

これは、お正月には火を使うのを避けると言う意味と、普段家事をしている主婦が料理をしなくても良いようになどの意味も込められています。

 

重箱に入れる理由はおめでたいことを重ねると言う意味が込められています。

 

その他にもお正月には祝い膳としてお雑煮を食べたりお屠蘇を飲む習慣もあります。
従来は家庭でおせち料理を作るのが一般的でしたが、現在ではスーパー等の食品売り場や通販などでも数多く販売されています。

 

おせちに入る料理は地域によって異なりますが、一般的なものには黒豆やなます、きんとん、数の子などがあげられます。これらはこれから始まる一年の健康や子孫繁栄を願うものなどそれぞれに意味が込められて縁起を担いだものが入れられています。

 

おせちの意味とおせち料理について

 

おせちとは、漢字で表記すると御節となります。節という文字から分かるように、節供を意味する言葉です。節供には5種類あるのですが、その中で1年で最も早く来る節供が正月です。そのため尊んで、御という文字をつけて御節と呼ばれるようになったのです。

 

この御節に食べる料理が、おせち料理です。尊ばれている1番目の節供に食べる料理ですし、幸せな1年にするために、おせち料理には縁起が良いとされている様々な食品が使われます。たとえば栗きんとんですが、これは黄金色に輝いているので、見るからに縁起が良いです。

 

そして数の子ですが、これは子の数が多い、つまり子沢山を連想させるため、縁起が良いとされています。そして田作りは、豊作のための肥料として小魚が使われていたことから、豊作を願う食品とされています。

 

その他、喜ぶという意味につながる昆布、まめに働くという語呂合わせができる黒豆などが使われています。

 

このようにおせち料理には、御節をさらに縁起の良いものとするための工夫が多くこらされているのです。

 

ぜひ、おせち料理の2015年版人気口コミランキングを参考にしてください。
URL⇒http://xn--t8j8as24akhk21ohthk20bohmiws.com/